家こんなこと

ようこそ てーちゃんブログへ

雪中行軍のお話は続きます

この記事からご覧いただいている方

お時間があれば

一つ前の記事から

ご覧ください

***********************

「乗せて行こうか?」
という やさしい声を背に
「大丈夫(^O^)/」

元気よく勢いつけて歩き始めた私

mono60[1]

あっという間にできた準備であったおかげ?で
たくさん持ってる ニット帽にも
手が伸びておらず

あたまは スースー
こんな時のために あるのにぃ・・・

雪中行軍にしては
軽装

タクシーまだかな

おまけに
家を出るときには
タクシーに乗る予定だったので

懐中電灯など
持っているわけもなく

ひと気のなくなった
街灯もない 山あいの道を

さくさく と
歩き始めたのでした

ひたすら 滑らないように
とだけ 心がけ

車のわだちを避け

わざと
路肩の 積もった雪の上を

さく さく さく さく 

人っ子一人
通りません

降り続く雪

ここは どこなのか?
と錯覚してしまいそうな世界

mono141[1]

でも 意外と明るい
これが 雪あかり?

さくさく  さくさく 

そういえばイノシシが道の真ん中にいたこともある

大丈夫よね
この雪だと
彼らも 寝床にいるはず

そんなことを考えながら
さくさく さくさく 

ひたすら 歩く

タクシーでそのまま 
高知まで行こうと思っていたのですが

ここまですら入って来られない
タクシーに乗って
須崎 高知間を走るなんて・・・
無理(-_-;)

さくさく さくさく

ひた歩く私のポケットの携帯が鳴る

相棒のMから
「お迎えに行きましょうか?」

こちらの事情を説明し
「えー!!!
歩いているんですか?」

迎えも無理 
そろそろ国道近くまで来るほど歩いている
ということに驚いたMとは
JR多ノ郷駅で待ち合わせることに

イノシシに警戒しながら
歩いた夜更けの雪中行軍も
そろそろ終わり

さあ着いた

と思ったら
タクシー!!!!

待ってる場所がはるかかなた
しかも 進行方向と反対の方向を向いて停車

私は 20分は歩いたぞ( `ー´)ノ
なんで 向きを変えてないの!!!

かなたのタクシーまで歩き
乗り込んで
「多ノ郷駅まで」
と言ったら

「えええ もう脇道には入れません」
って

山の中に入らなくても
行けますから
多ノ郷駅まで

とは 口に出さず
もう一度 今度はゆっくりと

「おおのごうえきまでおねがいします」
と言って
ご納得いただき  出発してもらいました


雪道での
方向転換は簡単にはできないらしく

しばらく反対方向にゆるゆると進んでから
やっとこさ 駅へと向かってくれました

国道に出ても
人影はもちろん
車もあまり走っておりません

ああこれで 一安心 と
タクシーに乗ってから
急いで携帯を取り出し
「迎えに行こうか?」
と 相棒Mに

「もう着いてます!」

なぬ!
そうか 自宅から脱出困難だったのは
私だけ?

では 午後10時発の列車に間に合わなければ
私のせい

超安全運転の運転手さん 頑張って(^O^)/


慌てて
多ノ郷駅をめざしてもらったのでした

mono95[1]

到着したら
エスキモーかと思われるようないでたちのMが
お出迎え

おうおう 君も苦労したね

労をねぎらっておりましたら

「乗せてきてもらいました」
・・・・・・・って

てっきりMも
自宅から歩いて駅まで来ているのだと
勝手に思い込んでおりましたので
ちょっと ひとりぼっちに・・・

あの豪雪?地帯を
さくさく ぎゅっぎゅっと
イノシシに襲われるかもしれないなどという
恐怖心に苛まれながら行軍する 
という
南国土佐にしては
たぐいまれな経験をしたのは
私だけ
TRUNO一人だけだったのね・・・

Mよ
君は同志ではなったのか( 一一)

そんな こんなで
感動の再会(夕方会社でさよならしたばかり)のあと

ひとしきり
その雪中行軍の話でもりあがり
ふと振り返ると

その用心深いタクシードライバーは
まだ 駅前のロータリー?で
進路変更をしている最中でした(-_-;)

途中の駅

日下駅くらいまでは
こんな感じでしたが

高知駅に降り立ってびっくり

街は カラッカラに乾いてました

長靴に傘という我々の出で立ちは
完全に 浮いており
それもおかしくて
「なに?これ?」
ギャハハハ と
夜更けに駅前から乗り込んできた
やたらテンションの高いおばんちゃん二人組に
こちらのタクシーの運転手さんも
ちょっと 引き気味・・・

まあ その類い稀な経験のおかげで

その日を逃せば1年後 という
有難ーい講習には
無事参加することができたのでした

めでたし めでたし
おしまい(^O^)/

↓ こちらをポチッとお願いします

人気ブログランキングへ

20.01.21.(火) : 雪中行軍  雪あかり(2016年2月17日)

この雪景色は4年前のちょうど今頃のお話し

我が家は 毎年 こんな雪に見舞われるのですが

今年は 暖冬 どうなることか

********************

昨年12月初め
宅建合格の知らせを受け

本格的に
講習やら 何やら 始まったのですが

2年間の実務経験に代わる講習というのがございまして
それを受ければ 登録できる
晴れて宅建士 という資格
宅地建物取引士証
というものが いただけるわけです

合格しても
まだ 道のりは遠く

まずは その実務講習をうけねばならない

そして
その実務講習の日が
1月20日 27日 の両日であったわけです

お気づきの方もいらっしゃるかと思います

その両日は
南国土佐でも 大雪に見舞われ
交通網は麻痺し 大変なお天気の日でした

雪景色

時は その前日
1月19日朝
我が家の周りはこんな感じ

可愛い積雪

うわあ

と言いながらも
車で出勤できました

そして
その夜
翌日に講習を控えた私とスタッフM

夜の間に移動しておいたほうがよいのではないか
とは思ったのですが
相棒のMは
3人の子持ち

そう簡単に 前夜から家を空けることは難しい

では 一人だけぬけがけも ずるい と

のんびりテレビを見ていた
午後8時前

相棒のMより
「雪すごくないですか?」
と電話

見ると
ちらほらと つもりつつある雪

講習担当の方に連絡
「あのぉ
雪がすごいんですけれど
講習の日程を変更できますか?」

と聞いたら
「明日の講習を逃すと1年後になります」

えええええええええええ!!!!!!!

せっかく今年受かったのにぃ!!!!!!

来年になる 

ありえん

私は Mを裏切ることにしました
Mを捨ててでも 行かねばならぬ

そう腹を決めた私の動きは速かった
まず
タクシーを呼ぶ
一応 M に電話
すると
なぜか
Mも今夜行く と言う

どうして そうなったのかは
この際 知らん

私のやらねばならないことは
この家からの脱出

あっと言う間に準備完了

とるものもとりあえず
家を飛び出したのでした

タクシーも
我が家に上る坂は無理かと

呼んだ時点で
坂の下まで歩くと言ってあったので

傘をきて
そのまま 坂の下まで歩き
タクシーを待っておりました

本当に瞬時に準備ができたので
タクシー会社に伝えた時間より
15分も早い

IMG_2592.jpg

このまま ここで突っ立ていたら
雪に埋もれる

てくてくと歩いた私の足跡の上に
どんどんと降り積もる雪

そして
数分
お隣の新婚さんが戻ってくる

車でドライブ???
こんな日に
で 坂を上がろうとするけれど
スリップして上がれない

なのでか
もう一度 ドライブに出かけて幸せカップル
二人なら どこで遭難してもよいのね
お幸せに(^O^)/

冗談抜きで
それくらい 降っていましたから

すると
電話のベル
「タクシー会社ですが
タクシーは もうそこまでは行けません
国道のところまで歩いてきてください」

行く!
と決めていた私の返事は早い

躊躇なく
「はい」
と応えて

歩こうとしてたら
新婚カップルが戻ってきて
「タクシーが立ち往生しちょったで」

・・・・・ 乗せていってもらえばよかった ・・・ そこまで行っていたのなら・・・

と甘い考えが頭をよぎったのですが

しょうがない

傘の上に降り積もる雪を払いながら
笠地蔵様 みたいや

約1キロの雪道を
歩き始めた 私でありました

to be continued


人気ブログランキングへ

20.01.19.(日) : かさじぞう 雪中行軍 パート1(2016年2月15日)

何度も 目を疑い

きっと 

気のせいだろうと

期待して

 

見直しても

 

やっぱりそこにいる

コウちゃん3号を

  

指さし確認し

確かめてから

 

階下の夫に

「出たぁ また おる

コウモリ!!!」

 

しかし

夫は 冷静だった

 

なにせ

3度目

 

初年度は

なんとか

自然に窓から 出て行ってもらったが

 

 

2度目の ドタバタ 教訓から

 

迅速に

道具をそろえた

完璧

これさえあれば安心

 

READY!
お覚悟を!

はい

あっさり

お縄

伸びたぁ

いやん

ダメージありませんように

 

3度目ともなると

 

夜中に持ち越すと

あちら優勢 となることが

身に染みている 

 

朝の 対決は

あっけなく 勝利

 

そして

何を思ったか

夫が

会社に 持って行く

と言い出して

 

ラップして 会社まで

 

お願い

息絶えないで!

 

と こわごわ会社まで移動

 

会社で 皆に

コウちゃん3号を お披露目してから

 

野に放ちました

 

この写真では 伸びていますが

ご心配なく

写真に写った

まるまった 可愛い形ではない

よくご存じの コウモリ型

  

ギザギザ翼をはためかせ?

大空に 帰っていきました

 

コウちゃん 

これで

我が家からは 遠いところに住み着いて

もう

来ないでね

お願い

 

花粉症でも

なんでもないのに

屋外に 

洗濯物も もちろん 布団も

干せなくなった

冬の我が家事情が

終了であることを願って

 

星に願いを 
ぽちりとともに


人気ブログランキング

19.12.25.(水) : コウモリとの闘い    完結編(*^^*)希望 その6