家こんなこと

ようこそ てーちゃんブログへ

さくらさくら(2009年3月11日)

 広々とした分譲地、一軒も家の建たない広っぱにテーブルを並べお弁当をいただく。

じたばたとそして厳かに、伝統にのっとり?つつがなく執り行われた地鎮祭。
そのあとのささやかな宴。
陽春の光と心地よい風の中、ふと気がつけば満開の桜。

 当然のことながら、何度か足を運び、どの区画にしようかと迷った末に選んだ土地。
風はどちらから吹いてくるのか、太陽はどの方向にあるのか?などなど
これは、頭の中にあったのですが、
この季節でなければ主張しない、この桜の存在。
認識したのは、この日が初めてでした。

 山肌を削りきちんと整地され、大きな石垣をついた立派な分譲地のわきに、
ひっそりと、しかし絢爛に咲き誇る桜。

「桃源郷、ってこんなところかしら・・・?」 花こそ違えこんな感じかと
春のやわらかい陽射しの中で
満開の桜はあまりに見事で、豊満で、たおやかで、深く心に焼きつきました。
 
 自然の織り成す情景に、計算はあろうはずもなく、
神様からいただいた、このすばらしいはなむけに
ただただ感謝し、感動するばかりでした。
ありがとうございます。
 
 そして、この日から、私たちの家づくりへのコンセプトの方向性は一変したのです。

19.03.22.(金) : さくらさくら(2009年3月11日)

コメントは受け付けていません。