家こんなこと

ようこそ てーちゃんブログへ

庭いじり好きが造園師に転身する瞬間(2009年5月9日)

花

そう言えば
この俄か造園師となる以前わたくしは、
あの、地鎮祭の頃には思いも及ばなかった、ガーデニングに没頭する人となり、
プレゼントと言えば、もらう側の好みも迷惑も考えず、寄せ植え、
何かと言えば寄せ植え、という日々にどっぷりとつかっていたのでした。

なにせ、非常に不器用で、その不器用さは、年を取るにつれて増幅され、
手作りの何とかなんて、プレゼントした経験が皆無だったわけです。

ですから、はまってしまったのですね。きっと。

これかぁ・・・と実感したわけです。
自分で作ったものを、プレゼントできる喜び。

だから、この庭をプロの庭師さんから譲り受けた?直後は、
今思えば、かわいいガーディナーだったのです。

しばらく。そう、10ヶ月ほどの間。

築直後は、前回の写真でお分かりいただけるでしょうか、
まず、畑となるであろう花壇が、2区画あったのでした。
一緒に引っ越すはずだった姑のために、
これは夫がプロに頼んで、栄養豊富な土を入れ畑を準備したのでした。
しかし、彼女は、待てど暮らせど一向に、こちらに来る様子を見せず。

最初は、大きな区画を姑のためにと置いておき、
私は小さいほうの畑を花壇にして、かわいい庭いじりをしていたのでした。
そう、1年目の春は、ここがワイルドフラワーでいっぱいになり、
思いもかけぬ、花々が咲き乱れ可愛かったのでした。それで満足しておけばよかったものを・・・

夏が過ぎ、秋が訪れた頃、
「いかん!もったいない!」
と思い立ってしまったのでした。

懇意な園芸店の方に勧められた土では、何十袋要ることかと
思案の末。

ついに、
わたくしの大?造園計画のために必要な量の土の入手先をつきとめ、
婿に、2トントラックを走らせてもらい、
決行できるその日がやってきたのでした。

そう、その日から、わたくしは名実ともに、俄か造園師となったのでした。

19.02.18.(月) : 庭いじり好きが造園師に転身する瞬間(2009年5月9日)

コメントは受け付けていません。