家こんなこと

ようこそ てーちゃんブログへ

おお なんと私に似つかわしくない話題

菅首相って

決まったときから

カン首相と

間違って読んでいたくらい

少し影の薄い存在だった

わたしには

 

安倍さんのサポーターが

ぴったりだったということか

 

令和の文字を読んだからと言って

世の中が騒ぐほど

菅さんの株は

私の中では上がらなかった

 

でも

地味な存在だけに

コツコツと

安倍さんの意思を継いで

頑張ってるな

という印象

 

政治のことはまったくわからない

 

なので

先日

菅さんが

総裁選には出ません!!!

と発表されたとき

 

一瞬何故?

と思ったけれど

 

選挙への力を

コロナ対策に注ぎたい

二股はかけられない

 

と言うたとき

実は

感動した

単純(*´з`)

 

そうよそうよ

こんな大変なときに

なんでみんな

総裁の座を巡って

選挙になんか ことかまけることができるのか

馬鹿じゃないのか

 

実は思っていた

だから

菅さんの

コロナ対策に専念する

という言葉に

ちょっと感動して

これまでの菅さんの

言動の中で 

一番評価するほどだったのだが・・・

 

のちの報道によれば

これ以上

菅さんを総理の座にはおいては置けない

という

周囲の判断だったの?

 

いろいろ失敗してきたのか?

 

菅さんダメダメの

真偽は 

わたしには判別できないけれど

 

そうよね

もしも

菅さんに

カリスマ性があったら

党内から

あれほどの立候補者が

出るはずないか

こんなに世の中が大変な時に

地位と名誉を奪い合ってる場合ではないことは

皆承知の上の

行動ということか

 

菅さんに

力があれば

二選三選は可能なはず

 

そっか

それでは仕方ない

 

では

一国民としては

選挙によって

感染対策に隙間などできず

コロナをやっつける努力を続けてくれて

国民の平生を

普通の生活を取り戻してくれる作戦と行動を

世の中に発信し続けてくれることを

 

そう

抜かりなく

隙間なく

続けてくれることを

願う

 

バトンタッチ上手かな?

政治家さんたちは

 

無理やりオリンピックも開催したばかりだし

オリンピアたちを

見習って

上手なバトンタッチ

切に希望いたします

こちらをぽちりと


人気ブログランキング

21.09.05.(日) : 総裁選不出馬に思う

どのくらい前のことになるのか

ショパンの「別れの曲」に載せて舞う

ビアンカ パノバ

今調べたら

彼女の活躍した時代は

ソウル五輪のころだったらしい

 

そのころ

引退も惜しまれ

コマーシャルにも出ていたのは

彼女?

もう名前は忘れたけれど

かれこれ

40年も昔の ことか

 

あのころは

ブルガリアの妖精 と言われていて

ブルガリア全盛時代だったような

 

たおやかに 舞う姿に魅了され

普通の体操は見なくとも

新体操の演技が始まるとテレビの前に釘付けになった

 

今年100歳になる

父が

私が小学校くらいのころ

クラシックバレエが好きで

テレビでよく鑑賞していた

 

変わった趣味だ

と当時は

横目で見ていた

娘のわたしも

似たような志向を持っている

遺伝か・・・ 

  

しかし

そのブルガリアの妖精お宅も

いつの間にか

新体操への興味が薄れていて

新体操の演技をじっくりと見たのは

今回の東京五輪で

久しぶりのこととなった

たまたま

 

そう

たまたま

予選から見ることができた

 

大好きなフィギュアスケートだと

ツルンと滑ったり

滑走がギクシャクしていたり

ジャンプが失敗したり

素人目にも

なんとなく

甲乙が わかりやすい

のだけれど

 

新体操は

みんな 上手(*^^*)

に見える

 

特に

オリンピックに出場している

世界の選りすぐりの

選手たちの演技だからか

 

すごい!

ダントツ

というよりも

 

いかに

自分の力を

100パーセント出し切れるか

にかかっているように思われた

 

予選で敗退した選手たちも

それぞれうまい

 

日本選手は

みんな予選で敗退したけれど

上手だった

 

これが

地元開催だから見ることのできる

予選からの戦線状況

 

スポーツニュースでは

結果しか伝えられないから

 

へえ

予選敗退か・・・

弱っ!

くらいで終わることも

 

この度は

予選敗退と言うても

みんな上手なんだな

認識を新たにした

 

上位選手と見分けがつかない私が

誉めても

嬉しくもないだろうが

日本の選手たちも 

上手だった

 

久しぶりに目覚めた新体操への熱は

翌日も続き

迎えた決勝

予選の時から

注目していたのが

ロシアの美人姉妹

瓜二つのアベリナ姉妹

予選通過 1位 2位

 

そして

3位通過は

イスラエル

 

ブルガリアや

ロシア

など

北欧のイメージがある新体操で

 

イスラエル?

異色やね・・・

まあ メダルは無理だろう

気にもしていなかった

 

なんか

どの演技も

パーフェクトな演技で

トップ街道まっしぐら

 

新体操の評価方法

 

ともかく

演技が終わるたびに

得点にクレーム?

というか異議申し立て?がされる

 

それで待ち時間が

長くなる

 

という

幕間の長い

競技だった

 

最高に

興味深かったのが

フープ

ボール

クラブ

リボン

10人の選手が

順番に

各種目を競い合って行き

最後のリボンの演技

 

 

9人目が

イスラエルのリノイ選手

10人目が

ロシアの

アベリナ姉妹の妹

ディナ・アベリナ

 

前日の予選では

彼女がトップ

そして

姉のアリーナ

3位がイスラエルンのリノイ

なので

 

アベリナ姉妹が金銀ゲットという筋書き

少なくともわたしは

そう願っていた

けれど

リノイ選手が絶好調

 

小柄で小顔で

可愛いアベリナ姉妹を応援していた私

その予想を覆すような

成り行き

 

少しずつ

リノイが上回っている

微妙な

こうして

僅差となることがわかっているから

少しの点数にも

物申して

異議申し立てするのだ

と 理解した

 

最後のリボンの演技では

 

妹とワンツーフィニッシュかと思われていた

姉のアリーナが

リボンに結び目ができて

予備のリボンを使わねばならなくなり

19.55

と10人中最下位のスコア

 

これで

ワンツーの望みは消えても

ディナは

やってくれるはず

姉のアリーナと同じくらい

わたしの

期待も続く

 

不慮の事故は

イスラエルのリノイにも訪れた

絶対落とさない

リボンを落下?

  

それでも

スコアは23.3

演技の一つ一つのレベルが高いのかな

 

波乱万丈な

最終演技の

最終競技者

金メダル候補

ディナ・アベリナ

卒なく まずまずの演技を見せた

そのあとの

得点待ちの長かったこと

演技直後の

キスアンドクライにいる

妹のもとに駆け寄る姉のアリーナ

姉と言うても

見かけがおなじだから

どちらも妹に見える可愛さ

 

まだかまだか

と ディナの得点を待ちわびる

決勝で共に戦った美人たち

なんとなく 他の選手は

イスラエルびいきに見える

 

相変わらず

長い 長い 待ち時間

 

合間に映る

妖精たちの表情

 

妖精というよりは

やはり競技者の顔

でも みんな可愛いから

ノーナレ

でも

十分 堪能できる待ち時間 

 

彼女たちの表情を見ているだけでも楽しめる

 

そして

出た得点

 

場内騒然

イスラエル初の金メダル

 

とアナウンサー

 

しかし

もちろん

異議申し立て

 

そして

また続く

待ち時間

 

美人姉妹 VS その他の選手

みたいな塊になって

 

待つ

待つ

待つ

 

やっとこさ出た最終結果

さきほどと

変わらず

わずか

0.15 という僅差で

イスラエルが金メダルとなった

ロシア

6連続金メダルを逃しました

 

と言うていたような

 

それは

責任感じただろうな

アベリナ姉妹

 

優勝したイスラエルの

リノイ・アシュラム選手は

確かに 上手でインパクトのある演技をしたのだが

 

今回の新体操は

演技というより

 

この

可愛い妖精たちの

新体操にかける

想い

熾烈な戦い

やってることは

妖精のようにかわいいこと

美しいこと

でも

 

芸術性の高い舞であったとして

やっぱり

勝敗で決まる

スポーツという分野の一競技なのだなと

 

競技が終わってからの

妖精たちの

表情が 印象に残った

東京五輪 

新体操個人への感想文でありました


人気ブログランキング

 

 

21.08.17.(火) : 美人双子姉妹敗れる

その1 卓球 

オリンピックをやるべきかやらざるべきかは

戦時中に

オリンピックを中止したときよりも

ほんとは

もっと中止するべき状況下にあったと思う

戦争が

暴力という 上がらい難い

誰も物申せない事情であったのに比べ

 

感染拡大を防ぐ

という理由は もっとクールで 当然な理由だと思うから

 

それは

戦争のために

中止になった 口惜しい理由よりも

もう少し

理路整然とした 理由だと

わたしには 思えるから

 

戦争とは異なり

無理をすればできないことはない

事情だったから?

色々な建て前 と 経済的事情もからまり

そして何よりも

戦争であれ何であれ

アスリートの努力の成果を披露できる場を

奪う権利はない

という 立派な信念の元

 

結局

開催された

出るほうも

見るほうも

どうもすっきりしない開催のされ方だった

 

なんとなく不発な感じで始まった感があったのだが

 

始まってみれば

違う違う 

アスリートたちの

努力は

コロナという

大きな疫病がもたらしたクライシスにも

負けることなく

続けられていて

結実の舞台で

大きな花や

小さな花

ともかく

みんなの 努力を開花させる場を得て

 

そう

水を得た魚

のように

みんな 

ともかく

みんな 輝いていた

 

どの試合を見ても

汗と涙の選手の姿を見ると

 

拍手を送らずにはいられなかった

 

その中でも

 

特に

大会前から

注目されていた

伊藤美誠ちゃん

オリンピック前に

NHK特集で報道されていたのを

たまたま見て

伊藤美誠ちゃんの

にわかファンになった

 

突然 中止となった 様々な世界大会 そしてオリンピック

どこに このエネルギーをぶつければよいのか?

という気持ちになった

というようなことを

言っていた

 

アスリートみんなの気持ちだろうな

きっと

 

オリンピック前

美誠ちゃんは

感染予防で

厳重警戒の中国に乗り込んで

ライバルの中国選手たちと試合をしていた

 

その道中の 

中国の感染予防への取り組みの過酷さに耐え

その状況下でも

試合を

国際試合を求めて

旅立った

美誠ちゃんの 根性に 感動した

 

よくあんなところまで行ったね

偉いね

 

全く卓球ファンではなかったけれど

彼女の試合だけは見逃さないようにしよう

心構えした

 

混合ダブルスの優勝シーンは

どこの放送局でやっていたのか

見逃したけれど

 

やはり

気になるのは

シングルス

準々決勝

確か 

相手は

オリンピック前の

過酷な中国遠征の時に

闘っていた

孫えいさ ちゃん

発音は わからないが

彼女

美誠ちゃんと同い年

 

その

孫ちゃんとの

準決勝は 見逃してはならじ

仕事の途中だったけれど

お昼ご飯にかこつけて

家に戻って

テレビをつけた

もう

その時には

2セット連取されていて

あっという間に

・・・

負けた

 

混合ダブルスの優勝ということもあり

ものっすごく

 

期待していたので

 

あまりのあっけなさに

卓球の試合って

こんなに短いの?

 

にわか卓球ファンは

 

大変残念で

物足りなく思った

 

なんたって

お昼休み時間内に

簡単に 見切れた

完全に終わった

あっという間だった

 

そんなこともあり

どうしても

もう一度

美誠ちゃんに

孫ちゃんと闘わせてあげたい

団体の準決勝では

勝て勝てエールを送って見守ったのだが

こちらは

香港相手に

簡単に勝利した

 

そして

決勝 

 

だが

 

やはり

簡単に負けた

中国 強し

 

恐るべき中国の力

 

でも

卓球関係者の解説によれば

 

これまでは

絶対勝てない中国

 

だったのが

ここにきて

打倒中国

と言えるところまで来た

 

のだそうだ

中国の

孫ちゃんも

みまちゃんのことをライバル視してくれている

 

NHK特集のおかげで

試合だけではない

みまちゃんの ど根性と

しかし

それでも歯が立たない

良きライバル孫ちゃんのことも知れて

 

これは

これで

楽しませてもらえた

 

ところどころ見た

オリンピックの感想文

 

あと一つ二つ 

次回につづく 

 

次は

新体操個人 の感想文です(*^^*)

to be continued

こちらをぽちりと


人気ブログランキング

 

21.08.10.(火) : オリンピック感想文(*^^*)