家こんなこと

ようこそ てーちゃんブログへ

21.10.14.(木)

姑 逝く その2

死亡診断をされたタイミングで

 

次の手配

そう

葬儀社に電話して

お迎えに来てもらわなければ

 

そうそう

M葬祭

**のMASAOKAですが

義母がなくなったので

病院にお迎え頼みます

 

葬儀場は

JAがいいのですが・・・

 

と言うたら

電話の向こうの声が

・・・・・・・

 

沈黙

「あのぉ

JAさんの会場は うちは使えません・・・」

 

そうよ

あんなにシミュレーションしていたのに

依頼先を間違えた

 

しゃあない

広い畳の部屋で

みんなで修学旅行気分でお布団並べて

寝る 構想は潰えた・・・

 

よし

わたしは先に帰ろう

帰ってともかく

おばあちゃんの寝床を作らねば

 

あとは

長女に任せて

病院を去る

 

そこからは

すごかった

夫の従弟たちは

全員 熊面の 夫にそっくり

毒気がたっぷりな

輩たちが

 

叔母の突然の訃報を聞いて

夜も遅いというのに

駆けつけてきた 

酒盛りの始まり

これが

死亡当日

翌日は

開けて

翌々日がお通夜

そのあと告別式 となったのだが

 

みんなすごい

毎晩 酒盛りにやってきた

だから

ひとつも 寂しくなかった

 

お通夜の夜には

熊っこの中の一人がエビのおつゆを炊いて

ふるまってくれた

 

しかし

その一番肝心な

通夜の晩には

連日の酒盛りと

翌日の告別式を控え

さすがの猛者どもも

お疲れの様子で

 

10時くらいには

なんとなく みんな帰っていった

 

ここから

座敷の遠い 葬祭会館を選んでしまった

悲劇が始まった

 

一部は 離れた家族の控室で布団で横になり

 

一部は 棺の置かれた会場で

椅子をくっつけた にわかベッドに横たわる

 

とりあえず

子連れの娘たちを 入浴のために家に帰すと

 

棺の横には

いびきの夫と私だけが取り残された

5人も行ったら

しかもみんな女子だから

12時までには帰ってくるかな

 

ぼーっと待つのも何なので

横になってみた

その にわか作りのベッドで

 

でも

棺の横 だから

というより

その会場の雰囲気が

おどろおどろしくて

 

目を閉じても

眠りにつけない

眠りに落ちるのが怖い・・・

  

じゃあ

眠れないじゃん

起き上がり

ゲームを始める

しかし

それも ハートが尽き果てる

遅くなるとは思っていたが

予定通り

11時を過ぎても

戻って来ない

みんなぁ

coming back!!!!

もどらん・・・

 

と思ったとき

 

LINEが

静岡の 紅一点とも言うべき夫の従妹から

「今電話してもいいですか?」

 

もちろんヽ(^。^)ノ

 

大喜びで電話に出た

そこから

しゃべるしゃべる

あちらは

夜中の11時半

切りたいだろうが

私が切らせない

30分 たっぷり

しかも

大声で話して

眠気と

寒気が吹っ飛んだ

ありがとう

YOSHIKOちゃん

 

そこからは

長い入浴から帰ってきた

娘たちと いっしょに

棺のそばの にわか作りのベッドに

横になり

独りぼっち感もなく

告別式の朝を迎えた

 

たどり着いた

告別式は

淡々と進み

 

特筆することもなく

遺骨となったお義母さんと

帰途に着いた

 

思い起こせば

土壇場まで家族を呼ばせなかったのは

コロナのせい なんだな

家族が全員駆けつけて

みんなで 見守る

臨終の場は ないんやね

でも

おかげで

夫の姉弟は

親の死に目に会えなかった

 

にもかかわらず

わたしは

その姉や弟から

感謝された

 

なんとも 申し訳ない

姑の死となった

でも

あっぱれ98歳

MIYOKOさん お疲れ様(*^^*)

 

わたしも

やっと

平生の生活にもどった


人気ブログランキング

 

 

21.10.14.(木) : 姑 逝く その2

21.10.13.(水)

姑 逝く その1

父も義母も

100歳と白寿間近か

なので

それなりに 心の準備はしている

イメージトレーニングはしていて

 

できれば

お通夜の晩は

棺のそばにお布団が敷けるところが良い

と考えていた

 

予定では

亡くなった人と 並んで寝られる

広い 畳の部屋のある

葬祭会館を予定していた

 

休みを明日に控えた火曜日の午後

いつも不良家族で

洗濯物が

溜まっていて

着替えがありませ~ん!!!

 

と電話をもらう

ので

この日は 気を利かせて

前回との間隔があまり空いていない

タイミングで

洗濯物をもっていくことにした

 

午後2時半 病院訪問

今朝から 呼吸が浅いので

師長さんが

病室前まで連れて行ってくれて

動画を撮らせてくれた

 

ので

帰り際

「家族を呼んだ方がいいですか?」

と尋ねると

「まだ大丈夫です」

との返事

 

「急にどうということはないですよね?」

「それは、わかりません」

との返事

 

妙に 腹に落ちないまま

まあ 先のことはだれにもわからんか・・・

と思いながら

帰途に着いた

 

コロナ流行依頼の習慣で

帰宅後すぐに入浴

さて

ゲームでもするか

ソファーに腰を下ろした瞬間

携帯が鳴った

 

「K病院の4階病棟の看護婦の**です

MIYOKOさんの容体が良くないので

すぐに来れますか?」

 

もちろん

「すぐに行きます!!!」

と返事をして

頭の中でいろんなことが駆け巡る

 

やばい!!!!!

おばあちゃんは

まず

家に帰ってくる

片付いてない

まずい!!!!!

じたばたと片づけて

いや

その前に

義姉 と 義弟に連絡せねば

夫は松山

うううう

それぞれ繋がらん

 

まずは

LINEで

文章も浮かばん

                  

母危篤 すぐ帰れ

ということろだが

 

おばあちゃん

病院

すぐ来れますか?


と送っていた

 

死亡診断をしないといけない

と言われた

・・・

嫁のわたしだけしかいないのに?

そんな大切なことを?

私だけの前で?

 

 

誰か来てくれ~

 

運よく長女が近くにいて

わたしと 孫である長女

とで

死亡診断をしてもらった

 

瞳孔も

頭も

心臓も

間違いなく死亡している

と確認された

 

そのあとも

看護師さんから

 

おうちの人が来ても

病室の中に全員入ってください

廊下に出たりしないで

 

厳重注意をされた

 

そうか

これもコロナの影響か・・・

 

TO  BE CONTINUED

 

 

 

 

 

 

 

 

21.10.13.(水) : 姑 逝く その1

おお なんと私に似つかわしくない話題

菅首相って

決まったときから

カン首相と

間違って読んでいたくらい

少し影の薄い存在だった

わたしには

 

安倍さんのサポーターが

ぴったりだったということか

 

令和の文字を読んだからと言って

世の中が騒ぐほど

菅さんの株は

私の中では上がらなかった

 

でも

地味な存在だけに

コツコツと

安倍さんの意思を継いで

頑張ってるな

という印象

 

政治のことはまったくわからない

 

なので

先日

菅さんが

総裁選には出ません!!!

と発表されたとき

 

一瞬何故?

と思ったけれど

 

選挙への力を

コロナ対策に注ぎたい

二股はかけられない

 

と言うたとき

実は

感動した

単純(*´з`)

 

そうよそうよ

こんな大変なときに

なんでみんな

総裁の座を巡って

選挙になんか ことかまけることができるのか

馬鹿じゃないのか

 

実は思っていた

だから

菅さんの

コロナ対策に専念する

という言葉に

ちょっと感動して

これまでの菅さんの

言動の中で 

一番評価するほどだったのだが・・・

 

のちの報道によれば

これ以上

菅さんを総理の座にはおいては置けない

という

周囲の判断だったの?

 

いろいろ失敗してきたのか?

 

菅さんダメダメの

真偽は 

わたしには判別できないけれど

 

そうよね

もしも

菅さんに

カリスマ性があったら

党内から

あれほどの立候補者が

出るはずないか

こんなに世の中が大変な時に

地位と名誉を奪い合ってる場合ではないことは

皆承知の上の

行動ということか

 

菅さんに

力があれば

二選三選は可能なはず

 

そっか

それでは仕方ない

 

では

一国民としては

選挙によって

感染対策に隙間などできず

コロナをやっつける努力を続けてくれて

国民の平生を

普通の生活を取り戻してくれる作戦と行動を

世の中に発信し続けてくれることを

 

そう

抜かりなく

隙間なく

続けてくれることを

願う

 

バトンタッチ上手かな?

政治家さんたちは

 

無理やりオリンピックも開催したばかりだし

オリンピアたちを

見習って

上手なバトンタッチ

切に希望いたします

こちらをぽちりと


人気ブログランキング

21.09.05.(日) : 総裁選不出馬に思う