家こんなこと

ようこそ てーちゃんブログへ

 

大変なご無沙汰(*^^*)

本年上半期は

たくさんのことがあった

 

まず

4月

父が100歳の人生を閉じた

 

姑が亡くなったときに

決心したとおり

のシナリオに沿って

JA葬祭に電話

 

亡くなったのが4月4日で

10日まで告別式ができないという

 

えーーーーー

それはあまりに長い

 

シナリオどおりにはいかない

 

では

どこで・・・?

 

ネットで調べる・・・が

何度経験しても

慌てている

この点成長は見られない

 

ベルモニー会館

ともかく

そこに電話

…したつもりが…

 

0120に電話したら

告別式の相談はこちらに

まさかの時のための

お葬式のコンサル会社だった・・・

 

まさかのときのために

じゃなくて

い ま

今 

必要な 

お迎え と 行先!!!!!

 

やっとわかってもらえて

ベルモニーに繋がるまでに

かれこれ30分

それでは

2時半から3時ごろまでにお迎えに上がります

 

と電話を切ったのが

1時半

ああ

まだ1時間も待たねばならないのか・・・

 

とその間に

まずは姉に

夫に

と連絡を終え

お迎えを待った

 

着いた先は

JAでこそなかったが

ホテル並みのデラックスな

お部屋

 

4日から

ここなら8日に告別式ができるそうなので

(いずれにせよ だいぶ先

4月はお葬式ラッシュだったのか・・・)

4泊5日の中期滞在も

何とか

いや快適に乗り切れそう(*^^*)

 

しかし

さすがに1人きりだと

夜になると寂しい

 

忙しい従妹に声をかけ

従妹と二人で

一回目の夜を乗り切る 

 

翌日

東京から姉が帰省

とりあえず

父の守り人は確保

 

告別式までの間にせねばならない

会社の用事を済ませ

 

告別式の前日までは

ほぼ

父もわたしたちも

ほったらかし

ただの

遺体付きのホテル暮らし(*´з`)

 

一つ 変わったことと言えば

湯灌

というものを行ってもらった

 

昔も ゆかん

と言うて

家で亡くなった人の身体を清めていたように

おぼろげな記憶があるのだが

 

今回は

プロの湯灌

 

あまり見ることはなかろうと

ガン見!させてもらった

 

そもそも

この豪華ホテルのしつらいは

玄関

玄関ホール

LDK

ベッドルーム

遺体安置室

浴室

となっている

LDKのLが

広い畳の部屋で

そこが 私たちの寝室となっている

 

その控室の中心部分

 

その広い畳の部屋に

大きな浴槽を置いて

そこで

亡くなった人の

身体を清める

 

この手さばきの良さには驚いた

 

水?かお湯か知らないが

ふんだんに使うのに

一滴も落とさぬ技で

 

てきぱきと

父の身体を清め

開きかかっていた口元も上手に閉じてくれた

 

でも

もともとハンサムだった父の顔は

生前とは

ちょっと違った表情になっていて

 

亡くなって3日も経つと

もう父はここにはいないのだなと

 

魂の抜け殻となった遺体を見て

妙な感慨にとらわれた

 

そして

通夜

本当の家族葬

コロナということもあり

 

ほんの数人

一応喪主だったので

最後の挨拶をすることとなり

父の人生を語った

豪放磊落で

明治生まれでアメリカにわたり

アメリカ人をketou呼ばわり

まあ 

あからさまにジャップと呼ばれていた時代なので

仕方ない

そんな 祖父からは

勤勉実直 まじめ一筋の父は

小さな男だと 見下されていたことを

ちらりと話すと

周囲から

それはちょっと(ー_ー)!!

とクレームが入り

翌日は

違う角度から

父を語ることにした

告別式 喪主挨拶

 

スポーツが大好きで

相撲や野球は

バイクに乗って

どこまででも見に行った

安芸のキャンプ

春野球場

相撲の地方場所

父の愛車は

退職してから

元勤務先の郵便局から払い下げてもらったバイク

けして

新車など買わない

 

そう

けして

贅沢をせず

娘二人を大学にやり

 

私の母校の明徳が大好きで

認知症を患ってからは

 

わたしは

明徳の卒業生です

 

と言うていた

 

考えてみれば

豪放磊落でこそなかったけれど

 

両親を看取り

妻も看取り

愛車に乗って

好きな時に 好きなスポーツ観戦に赴き

誰にも迷惑をかけることなく

100年の人生を閉じた

あっぱれな100年だった

 

お疲れ様

ゆっくり休んでください

 

そう言って

父をおくった

 

ありがとう

お父さん

 

久々ぽちっと<(_ _)>


人気ブログランキング

 



22.07.31.(日) : 上半期を振り返り     その1  父逝く

ともかく

人が集まるところには行かないことにしている

だから

買い物も

できるだけ生協を利用して

野菜だけは

市場で買っていた

最近ついに

コープ自然派に野菜を求めるようになった

 

かろうじて 日曜雑貨だけは

まだ 地元の

ドラッグストアで買っている

やがて

アマゾンで買い始めそう

  

どんどん地元が潤わなくなる方向に協力してる

わが生活・・・

・・・

まあ

それは 置いといて

 

打合せもズーム

 

そんなんだから

婦人会の会合なんか

もちろん不参加

ともかく 不真面目な会員だ

 

先日

どうしても

「出て欲しい!」

との要請

 

なぜならば

3月末の

いつもの行事

桜咲く公園で

野点をするか否か

が次回の議題の一つ

だと

 

もちろん

「しない」

に一票

 

 

だが

どうやら

2年続けてできなかったからか

今年は

なんとかやりたい

という意見がチラホラ?

 

だから

MASAOKAさん出てきて

強力な要請

 

つまり

わたしに止めろ!

ということ

 

よし

わかった

 

しかし

ずっと不良で不参加のわたしが

いきなり現れて

せっかく2年ぶりに

やろうとしている行事に

もの申す権利が

あるだろうか?

ない!

 

ともかく要請には応えなければ

 

さりげなく

出席してみた

  

久しぶりに参加すると

なかなか面白い会である

 

なんせ

今年の会長さんはまじめな方なので

おっしゃることがいちいちごもっとも

 

いつになく

みんな 静かに聞いてるし

 

やりますな今年の役員さん

 

感心していたら

 

ついに

議題が野点に

 

今年で

公園の桜も見納めになるかもしれないので

・・・ やりたい・・・

というような

流れが・・・

控えめ・・・

ではあるけれど

このままでは

やる方向になるかも・・・

 

たまらずわたくし

「やるなら紙コップで!」

少なくとも お茶碗使いまわすお抹茶は

やめた方が良いです!」

点てるのはわたしの役目

 

紙コップでお茶点てれんし

 

しかも

人呼んで

万一クラスターにでもなったら

女性会の名前が出るし

 

今は

そんな 人を呼ぶイベントは

控えた方がよいです 

バリバリ

いや

理路整然と言うたら

 

 

なんとなく

みなさん

賛成

 

あっさり

開催しない

ということに決まった

 

まあ

いつまでも

何もしないわけにも行かないが

 

今流行っている場所は

幼稚園

保育園

学校

老人ホーム

病院

そこから感染した家族がメイン

 

なので

むしろ

呑み屋とか

 

大丈夫なのではないだろうか

早く

呑み会を開きたい

わたしは

本気で そう思っている今日この頃

ではある

 

久しぶりに

お姉さま方の会議に出たら

 

会長他役員さんたちは

コロナの中でも

上層部の会議はあるらしく

頻繁に

会議に参加してくれているので

 

野点に反対した身としては

少し役員の労をねぎらっておかねば

最後に

「ハイヽ(^。^)ノ」

と手を挙げて

 

「いろいろイベントはできないけれど

役員の方には

ご苦労かけているので

お疲れ様会

会費から出して

なさったら」

といいこと言うたのに

このころには

みんな

いつものように

口口におしゃべりあそばしていて

 

わたしの

良い意見を

誰も聞いてなかった

 

(*´з`)

知らん

 

わが呑み友達の

事務局Sは

しっかり 聞いてたのに

行きたくないもんだから

聞こえないふりしてた

知らんわ

(*´з`)

 

でも

久々の参加で

会議中の

くちぐちに

おしゃべりあそばす

お姉さまがたから

大変興味深い

面白い情報も聞けた

 

これって文字通り

井戸端会議(ーー;)

ともかく

これからは

たまに

参加しよう

っと

ぽちりと


人気ブログランキング

22.03.12.(土) : 久々の定例会

紫色の封筒到着

到着(*^^*)

これは市町村によって異なるのか?

まずは

100歳の父に

そして

そして

ついに

60代のわたしにも

招待状が届いた

 

夫の予約で

熟知していた

電話は繋がりにくいこと

しかし

電話がつながらなくとも

送られてきたQRコードから

即座に 予約ができること

 

だから

郵便到着の その夜

ネットで予約

その週の日曜日に

速攻で予約できた

ファイザーは 不足していると聞いていたので

敢えて

モデルナを予約

 

1回目 2回目の予約時に

予約を取りにくかった時と比べると

ずっと

ずっと簡単に

直ぐに予約できた

 

考えてみれば

予約できる

確率が高くなっているからか・・・

 

1回目は

全市民

 

3回目は

2回目まで接種が終わっている人対象だから

だからなのか

競争率は低かったように思えた

 

ともかく

簡単に予約できた

 

前回前々回と異なるのは

市役所の提供する集団接種会場ではないこと

 

1回目 2回目は

予想以上に

整然と

粛々と

接種が終了した

 

3回目の今回は

病院指定

 

父の入院中の 病院でも

ワクチンを打っていたけれど

 

外来患者さんと 混ざって

混雑・・・

いやだ! 

混雑の中には

入りたくない!!!

 

だとしたら

日曜日かな

日曜日を指定

少しの心配とともに迎えた当日

しかし

予想に反し

駐車場

市役所では

駐車場整理の警備の方もいたので

今日はどうかな・・・

と 

停めるところはあるかしら・・・

向かったのだが

 

NO PROBLEM!

案内係の方もいて

混雑知らず

 

病院の中もしかり

通常の外来患者はいないので

 

こちらも

整然

混雑なし

間違いのないように

モデルナ!!!

と 貼り紙も

 

はい

モデルナを選びました!

 

椅子に座るか座らないかの間に

 

問診チェック

体温チェック

 

名前を呼ばれて

 

はい チクリ

 

半分の量だからか

チクリ!

 

で終了

そして

誰に言われなくとも

15分間の待機所

誰に言われなくとも

壁に貼ってある注意書きだけで

みなさん

おりこうさんに

じっと 15分待って

 

帰宅

 

実に 整然と 粛々と

ワクチン接種セレモニーは

終了した

 

だれも

文句言わない

誰も 

騒がない

 

なんとなく

感動するくらい

お行儀よく

接種は 進行し 終了した

 

そう言えば

もう2回経験済みだものね

わたしたち(*^^*)

 

小学校の頃

全校生徒が

並んで

鉄砲注射を

チクリ チクリ と打たれた光景を思い出した

あれは

ザワザワの中の 予防接種だったけれど

なんなら泣く子もいるし

 

ああいう

予防注射体験世代かな

この方たちも 

 

あれが大人になるとこうなるのか(*´з`) 

 

 

妙な感慨を覚えて摂取会場を後にした

 

 

こうして

接種自体は

簡単に終わったのだが

 

1回目

2回目と

全く副反応のなかったわたしだが

やはり

モデルナだったからなのか

ちょっとだけ微熱

ちょっとだけ倦怠感に襲われた

ので

翌日は仕事

ズル休みすることにした

ああ

これでやっと 人並(*´з`)

 

思ったのは

モデルナの方が 余りそう

敬遠する人が多いと聞いていたので

若いお友達にも

モデルナを勧めたけれど

 

若い男性や

私たちより年齢の若い人には

可能であれば

ファイザー社のワクチンを打ってあげるとよいのでは

と思った

 

統計的には

我々世代には

あまりひどい副反応はみられないらしいので

同世代の友よ

われわれは

モデルナで!

大丈夫(^O^)/

なはず・・・

 

以上

3回目ワクチン接種 副反応までの感想でした

ポチリと


人気ブログランキング

 

22.02.26.(土) : 3回目ワクチン接種終了(*^^*)