家こんなこと

ようこそ てーちゃんブログへ

数年前

突然 夫が

おまえ

【口の上(つまり鼻の下)】

なんな そのシワ!!!

 

ズバリ指摘されたことがある

 

意地悪ばあさんとか

おばあちゃん

鼻の下に ひげ三本みたいなシワがある

ずばり

それ

 

いつの間にか

そんなところに

折ジワ のような シワ 

くっきり

 

あれ

って

おばあちゃんの印

 

どんなへたくそが描いた絵でも

あの位置に

3本 シワが入るだけで

おばあちゃんに変身する

 

以来

とても とても

気になり

注意し始めていた

いやあ でも さすが

人生のパートナーだ

その日まで

だれも そんなこと言ってくれなかったし

 

ともかく

それ以来

ことあるごとに

イーーっと口を横に広げて

鼻の下のシワを伸ばすように

努めていた

・・・・・・

 

・・・

この 続くマスク生活

長引くマスク生活に

顔も身体も

すっかり慣れ親しみ?

 

油断の日々が続いていた

らしい

 

確かに

目元しか 見えませんから 今

 

 

先日 仕事の打ち合わせで

ズームの画面に

やけにくっきり映し出された

私の顔

 

いたるところにシワが・・・

しかも 深い( ;∀;)

色は黒いけれど

肌は まあまあだ と自負している

 

かかりつけの歯医者さんが

 

MASAOKAさん

顔で勝負してないでしょう

そんなところで

 

彼は 私を褒めていいるつもり

らしいが

ひとつも うれしくない

 

先日も また そういわれたので

でも

造作では勝負してないけれど

肌はきれいでなければ

言い返したところなのだが・・・

 

ちょっと

脱線したけれど

 

つくりは直せなくても

素肌の美しさは保ちたい

女心(*´з`)

 

ゆるんだ 緊張を

とりもどさねば

ある意味便利なマスク生活

ご用心なされませ

 

やばいぞマスク生活

こちらをぽちりと<(_ _)>


人気ブログランキング

21.01.31.(日) : やばい(ーー;) マスク生活

元旦

1月1日は

いつも

超過密スケジュール

  

前夜の31日は紅白が終わるまで

なんとなく 起きているので無駄に夜更かし

翌朝は起床とともに

来客に備え

大きな鍋で お雑煮のダシとり

あわただしく 簡単朝食を済ませ

年始のお礼に 

父の信仰する金光教の教会に

その前に会社によって

新年のお酒とお雑煮をお供えして

父の老人ホームに向かい 教会に行き

 

別のホームで待つ

姑もお迎えに行き

ともかくてんやわんやな元旦午前

お昼前には

娘たちが ワーッと帰ってきて

 

何が何だか

年寄には ごはんを

孫たちには お年玉を

バタバタとすぎる1月1日

 

いつもな そうなのだけれど・・・

今年は 違った

 

なんせ

引きこもらねば

非常事態なのだから

いろいろ悩んだ

ママハハの私から

今年は 実家に帰ったらダメ

とも言いにくく

どうしようか

と 

悩んだ

きっぱり

立ち入り禁止と言い放った(ー_ー)!!

 

年始の挨拶も

お泊りもなし

もちろん 老父母はホームから帰ってくることもなく

 

この十数年来

結婚以来

初めての ぐうたら正月を満喫させてもらった・・・

・・・

 

コロナのおかげで・・・

 

よく

みんなから

徹底してますね

 

と言われる

 

昨年コロナが流行り始めて以来

外食をしていない

もちろん 呑み会などもってのほか

 

若い人は

無症状で なんともないのかもしれないが

 

感染したというだけで

どれだけの人の手を煩わせることか

 

わたしなんか

感染したらイチコロだし・・・

 

怖くて 引きこもっている

というのもあるけれど

 

まあ 人に迷惑をかけないためにも

病院関係の方に迷惑をかけないためにも

感染してはいけない

 

と思っている

 

確かに徹底している

 

のかもしれない

それくらいしないと

おさまらん やろな・・・

でも経済は回さねば

少しでも お役に立てれば・・・

自宅にこもって

可能な限りのネットショッピングも楽しんている

 

 

なんとか光が見えるところまで

早くこぎつければよいのだけれど

こんなぐうたらなお正月は

一度でたくさん

 

来年は

いつものように目の回りそうなお正月を過ごせますように

今年もよろしくお願いいたします(*^^*)


人気ブログランキング

21.01.16.(土) : 引きこもりの年末年始

20.10.18.(日)

クッキングプロ

あれは

いつのことだったか・・・

 

真夜中のテレビショッピングを見て

思わず買った

圧力なべ

ショップジャパンのクッキングプロ

 

ごはんが6分で炊ける という言葉に惹かれ

購入したまま

半年ほど

本当に

ずぼらが ばれるのだが

段ボールに入れたまま 玄関に

放置していた

 

最近では

玄関のオブジェ(*´з`)かと思えるほど

その辺の景色にマッチしていた

段ボール

 

何故か 思い立ち

開封した(ー_ー)!!

 

取り扱い説明書は 苦手だが

開けただけでは

使いものにならない

 

まずは

ごはんを炊いてみよう!

 

と書いてあったので

6分で炊けるごはんを

炊いてみることにした

どこを どうやるんじゃ?

 

付属の鍋窯では ご飯を研がないで と書いてあるので

めんどくさっ!

 

と思いながら

ざるで ぎゅっぎゅっと洗って

セット

水は少なめに

水は少なめに

と書いてるあから

少なめに炊いてみた

 

6分というけれど

まだか まだか と

待っていると

なかなか 炊けた印にならない

あと2分か・・・

 

ついに

END

印が出て

炊けたかと思いきや・・・

なんか 

赤いぽっちが下がるまで

蓋を開けないで

と書いてある

 

 

何度も確認するが

その 赤いぽちりが

なかなか 下がらない

ここまで30分くらいかかったような

 

下がらない場合は

蒸気が噴き出すかもしれないので

鍋つかみのようなもので

ガードして

ゆっくりと蓋を開けてください

 

と書いてあるので

用心して

恐々 蓋を開けてみる

 

蒸気も出ない

普通にごはんが炊けていた

 

なんやねん

6分は嘘やな!!!

 

と思いながら

ごはんをよそう

 

なんか 硬いような・・・

だが

硬い炊き加減好きの夫は

美味い 美味い 

喜んで食べた

 

翌日は

豚の角煮を作ってみた

 

まあ 簡単にできるけれど

あれ 普通のお鍋でやっても

同じなのでは・・・

 

と 思った

 

なんせ

煮る

というボタンは2分 か 3分しか持たなくて

煮込む場合は

 

何度も

煮込みのボタンを押さねばならない

これ って・・・

 

まあ

美味しくは できた

 

その日から

炊飯器を 片づけて

ごはんは もっぱら

このクッキングプロで炊いている

 

美味い というよりかは

早い

確かに

手慣れてみると

あっという間に

炊ける 

ので 便利は 便利

 

なので

この鍋の 得意料理には

まだ 挑戦していない

もっぱら

炊飯器の代わりとなっている

 

炊飯ジャーの保温が嫌いだった夫は

炊けたらすぐに 別の容器に移してください

という うたい文句の この鍋を

というより

移した後の 

おひつのごはんが気に入っている

 

なので しばらく

炊飯器は しまっておくことにした

 

やっと日の目を見た クッキングプロのお話でした(*´з`)

こちらをぽちりと


人気ブログランキング

20.10.18.(日) : クッキングプロ