家こんなこと

ようこそ てーちゃんブログへ

何度試してみても

グレーのラインすら

はっきり出たことのなかったわたし

 

その朝

夫に

綿棒で粘液を採取させ

グニュグニュさせ

ポチリとさせた

その刹那

 

お試しでは 

黒からオレンジに代わるのに

30分以上かかった

左端のラインが

あっという間に

オレンジに変色した

 

え?????

 

はや!!!

 

早すぎでしょ?

 

即3のボタンをプッシュ

あっという間に

陽性ラインが 現れた 

えええええええええええ!!!!!!!!

まぎれもない 陽性患者

目の前に!!!!!

 

ばい菌扱い

 

病院に電話する

保健所に電話してください

 

保健所に電話すると

自宅の検査キットではなく

まず

病院で検査してください

 

少々のたらいまわしの果て

近くの病院を予約し

30分後には

車中で検査待ちの人となってもらった

 

ふう

ともかく

家の中から陽性患者はいなくなった

 

待てど暮らせど

連絡がない

9時半の予約で行ったのに

11時過ぎても 音沙汰ないので

 

もしや

すでに

肺が侵されていて

物言えぬ人になっているかもしれないと

恐る恐る

電話してみた

 

のんきな夫が

まだ検査結果待ち

今日は(検査希望者が)多い

との返答

 

しかし

その後まもなく

陽性にチェックされ

保健所の電話番号が書かれた

検査結果表が写メされてきた

 

保健所に電話しろという意味だと思い

 

勝手に連絡

夫の帰宅を待つまでもなく

「夫は持病があるので

入院の手配をお願いします」

 

と頼み込み

引受先を決めてしまっていた 

 

帰宅した夫は

有無を言う暇も与えられず

指定された 病院へと

入院グッズを引っ提げて

向かって行った 

 

自宅に戻って滞在した時間は

わずか5分ほど

 

これなら

感染の心配はなかろう

 

と思ったが

 

わたしは濃厚接触者

午後から

今朝の夫と同じように

車中で検査を待つ身となり

検査を受けた

もちろん 陰性

 

夫はどうあれ

病院内にいるので

心配の必要はなかろう

 

あとは

家の中のウイルスを

追っ払って

翌18日

家じゅうの窓を 開け放ち

 

夫の布団

カバーをひっぱがし

干す 洗う

 

天日干し

ウイルスも吹っ飛んだことだろう

と 

 

自己満足に浸った

 

途中

お布団を干しながら

まずい

マスクしてなかった

と気づいたのだけれど・・・

 

夫は1階生活だったので

わたしは

18日から2階生活

ほどんと階下には下りて行かず

普段座らない椅子に座って

2日間を過ごした

20日

もうよかろうと

階下に降り

久しぶりにソファに座ったら

その座り心地のよいこと

ウトウトと

ひたすら気持ちよく眠った

 

思えば

このあたりから異変

のどが痛い

 

翌21日

発熱

 

おそらく感染か???

 

日曜日も自宅待機をして

月曜日

早々に検査を受けたら

ばっちり陽性となっていた

 

夫のおかげで

前の週に 予習は済んでいたので

直ぐに 保健所に電話

 

「布団干し!やめとけばよかったですね」

 

と一言

 

以後気をつけます

 

異変が起きたのが20日だったので

27日まで自宅療養となり

webでの連絡網に

毎日 検温 酸素濃度を 報告して

 

3日間だけ

のどの痛み

そのうち

1日だけ

少し微熱

という

風邪の軽い症状で

事なきを得た 

 

わたしの感染した日

高知県内 感染者数

確か85人ほどだったと思う

そんなタイミングでの感染

厳格なコロナ対策者としては

実に 恥ずかしい感染だった(-_-;)

落ち着き始めたころの

アホな感染・・・

 

しかし

 

どんなに

気を付けていても

 

家庭内で感染してしまうわたし

 

幸いだったのは

早めに 自宅待機を始めていたので

 

だれにも うつしてなかろう

おそらく

(わかりませんけどね

これだけは)

 

ということ

 

第7波が大きなうねりを見せる今

誰が何を気をつければよいのか

 

最初のころだったら

誰も外出しなくなっていただろう

1000人単位の1日の感染者数

 

もはや

とどまるところを知らない

しかも

わたしは

どんなに気を付けても

夫から感染する

対策がみつからない(*´з`)

 

今のウイルスに対応するワクチンが10月ごろにできるそうだが

 

真面目なわたしは

4回目の接種予約 完了している

夫は昨夜花火に行っていたし・・・

どないしよう


人気ブログランキング

22.08.11.(木) : 上半期を振り返り その3 コロナに感染

ご承知の通り

わたしは

大変厳格な態度で

コロナという感染症に臨んでいた

 

あれほど

頻繁だった外食もこの3年の間

数回しか 実行?していない

厳戒体制

 

もちろん

ワクチンも きちんと3回接種済み

 

いはゆる

優等生

のはずだった

いや 優等生だ 今も

 

のに

 

第6波も落ち着きかけた

5月中旬

 

なんと

夫が風邪症状

風邪などめったに引いたことのない夫の

弱りぶりには

その少し前から

仕事のし過ぎかな? 

少し (仕事を)控えさせねば!

ピンぼけな想いの数日

 

コロナも落ち着き始めていた時期だったので

 

過労だとばかり思いこんんでいた

その折も折

5月初旬の

金 土 日 しんどそうな夫

にもかかわらず

のんきな我々も夫も

月曜日のお昼

スタッフとランチに!!!

その夜

発熱

なんか怪しい

ここまで来てやっと

コロナを疑った

 

そして翌 火曜日 朝

自宅常備の検査キットで

測定

 

この続きは 次回に続く

    to be continued

こちらをぽちりと


人気ブログランキング

 

下記 検査キットのおはなし

 

かなり正確なキットだ

検査キット解説

検査キット一式

まったく

いや むしろ どんな ウイルスなのかわからなかったころ

未知のウイルスとの闘いが始まったころ

恐怖心から

厳戒体制だったものだから

会社で常備してスタッフに配っていた

 

グニュグニュ

インフルエンザの時のように

鼻に綿棒突っ込んで

せき込みながら

痛くても我慢し

その綿棒の先を

上記容器に入れて

試液と混ぜる 混ぜる

かなり混ぜてください

との注意書きどおり

しつこいほど混ぜる

 

ポチリと

そうやって混ぜた容器に蓋をして

検査キットに

ポチリと一滴垂らす

 

黒いラインがオレンジに

オレンジに変わったら

黒からオレンジに変わったら

2のボタンをプッシュ

この間15分と書いてあるけれど

ウイルスいないからなのか

30分はかかる

長い

オレンジに変わったら

3のボタンを押して

オレンジに変わったのを確認後

3のボタンを押して数分後

うっすら陰性のサイン

うっすらと

オレンジの横に陰性のサインが

おめでとう㊗

陰性です(*^_^*)

という流れ

実際の解説書は

説明書のLINEは真っ黒なので

実際に検査したときの

陰性の 薄いグレーのラインは

正解なのか

はたまた要再検査なのか  と疑っていた

きちんと検査できているのか?

このキットは

 

夫の検査結果を見るまでは・・・

22.08.10.(水) : 上半期を振り返り その2 検査キットへの疑惑

富士が浜へ出陣

このギラギラ

弁当作りを終え

一旦帰宅

装備を整え

いざ出陣

これも

何を映したかったのか わからん???

 

女性会のトレードマークの

黄色のエプロンに身を包み?

しゅっぱぁ~つ

外に出たら

ギラギラ太陽(*´Д`)

 

しつこく 太陽

何 これ

いきなり倒れるやんか!!!

 

でも 大丈夫

先日の 牧場?での草刈りの時に

先輩から借りた

保冷剤の首巻?

とても 気持ちのよいことに気づき

今日は

自前で

保冷剤を 首に巻いておる

装備は万全(*^^*)

 

そして

浜に到着

モップの雑巾あらったり

うろうろしているうちに

桟敷席完成(*^^*)

ここが

第一の難関 だった

桟敷席完成

てるの ほっと一安心(*^^*)

 

会議所の男性スタッフさんと

アルバイトという名の

ボランティアの有志たちのおかげで

 

ここは

なんとかクリアできた

感謝<(_ _)>

 

しかし

ここから

突然

怒涛の幕開けとなった

 

いつものことなのだが

店構えも 完全ではない売店には

 

パラパラと

お客様がご来店

となる・・・

のだが

 

今年は

例年になく

ものすごい

お客様の数

並んどるぅ~

対応する側の 人手不足も手伝ってか

駆けつけいっぱいのビールも回って

てんてこまいのわたしは

 

いつものように

おつりの計算は

お客さん任せ

 

なんか

すごい

忙しさ

 

座りた~い

思い続けた

5時過ぎから

9時過ぎまでの

4時間あまり

 

よく耐えた

というか

次から次へと

お客さんが来るので

対応するだけで

精一杯

 

それでも

やっぱり

楽しい売店

 

弁当

つまみは売り切れても

飲み物は

どんどん

どんどん

絶え間なく売れる

だから

花火は

こんな感じで見る

テントの隙間から

まっ

花火には

実はそれほど 興味はない

 

もしも 女性会のメンバーでなかったら

けして

浜まで花火を見に来たりしないほうの

人種なので(*^^*)

 

隙間から見る花火で十分満足(*^^*)

 

昨夜は

こんな方たちも

ご来店

制服姿かっこいい

須崎港に寄港してくれている

自衛官の方々

制服姿も

なかなか 素敵だった

 

とかなんとか

終わらないのではないかと

思った 一夜も 

 

よかった

なんとか 無事

終わりを告げた

 

 

 

富士が浜の清掃に

自主的に参加している須崎市民の方をはじめ

 

ここ何年も

清掃活動に参加してくれている

 divo(ディーボ)のスタッフさんたち

 

桟敷席の設営

撤去に駆けつけてくれた

アルバイトという名の

ほぼボランティアの若者たち

祭りを楽しむ皆さんの

マナーも かなり 向上しているようで

ごみの持ち帰りは徹底してきた様子

最終 の浜のお掃除は

簡単に 済んだ

 

女性会に入って

桟敷にかかわるようになってから

年末年始の節目と同様に

この桟敷席も

一年の節目となっている

 

ああ 今年も

この難関?を無事乗り越えることができた

ホッと一息の

読後感<(_ _)>

 

みんな お疲れ様(*^^*)

頑張ったねのぽちりを


人気ブログランキング

 

 

19.08.06.(火) : 花火 その時 わたしは