家こんなこと

ようこそ てーちゃんブログへ

21.02.12.(金)

深夜の電話

深夜?

と言っても

わたしの場合

たったの9時過ぎ

 

突然

友達から電話

 

お母さんが亡くなったという

 

わたしたちが還暦なのだから

そのお母さんは

80歳は越えている

 

亡くなるまで

元気で ごはんも作ってくれて

お父さんのお世話もできていたらしいので

 

お父さんが

心配やね

と話した

 

 

救急車で運ばれてあっけなく亡くなったというから

バタバタとお葬式を済ませて

一息ついたところの電話

 

若くして亡くなったわけでもなく

彼女も十分親孝行もできて

お母さんも

思い残すことはない

なんて 冗談めいて 言うていたそう

 

そんなこと言うから

 

という電話口の

友の悲し気な声

 

あんたも

お母さんに十分甘えたやろ?

長く患くこともなく

あっけなく 逝ったのであれば

ご本人にとっても周囲にとっても

あっぱれな最期だったと 考えてもよい

理屈では そう思う

お年ではある

 

彼女がぽつり

あと10年くらいは 生きてるかと思ってた 

 

 

親はいくつになっても親

わたしは

わたしが30歳を過ぎたころに

母を亡くした

 

そのあと結婚したのだが

その時に

夫の知り合いが わたしのことを

片親と表したのを聞いて

違和感を覚えたことがある

 

いや

30歳まで

親 いましたから

という感じ

30過ぎても

片親って 言うのね?

 

 

ご両親を早く無くしても

無関係に 立派に生きている人はたくさんいる

 

なんか

話しがそれたけれど

 

いくつになっても

親の死は 痛いものということ

 

TERUNOのお母さんが

亡くなったのは

娘が小学校のときだから・・・

 

彼女の心の中で

そんなに早くにお母さんを亡くした

TERUNOと比べれば

わたしの母は

ずいぶん長生きで

自分も親に甘えられたし・・・

 

文句言うてはいけないけれど・・・

というニュアンスか・・・

 

深夜の電話の向こうには

日常の一部分を

しかも生まれた時からずっと寄り添ってくれていた

優しい日常の一部分を

突然

失った悲しみが

少しずつ 少しずつ

押し寄せて来つつある友がいた 

 

 

大学時代に見た

若かりし頃のおばちゃんの笑顔が

繰り返し思い出される夜となった 

 

ご冥福を祈ります

 


人気ブログランキング

 

 

 

 

21.02.12.(金) : 深夜の電話

確かに 暗かった

しかし

いつも歩きなれた

会社の駐車場

 

両手に

重たい荷物をかかえ

背中にリュックをしょっていた

 

突然  

 

転んだ

何もない 地面に 躓き

転んだ

 

第一着地箇所

両ひざ

 

その次・・・

着地する場所がない・・・

両手の荷物は しっかりとぶら下がったまま

とっさに

 

荷物を手放す!

という 頭はない

 

着地場所を選ぶ暇もなく

なんとなく

スローモーションで

そのまま 

左のおでこが地面に着地した

 

衝撃!!!

 

何?

今の????

 

 

痛みや

出血 よりも

その事態に 驚き

ドキドキが止まらない

 

慌てて おでこに触ってみるが

どうやら 流血状態ではなさそう

 

でも

頭のことだし

 

即 病院に駆け込み

CTを撮ってもらった

 

異常なし

 

残る 外傷も 全く大したことはなく

カットバン 一枚貼ってもらって

無事帰宅

怖い? わたしですよ

 

しかし

その日から

ただ歩いているだけでも

起こりうる転倒

おびえる日々

 

なので

頭をカバーしようと

帽子を着用することに決めた

なんか場面に溶け込む配色(*´з`)

うん

なかなか 良い

薄毛もカバー

顔もカバー

ほとんど露出部分無し

 

しばらく

帽子ルックに身を包み

コーディネートを楽しんでいた

 

みんな

似合ってると言ってくれるし

そうね

ほとんど

自分が隠れてる(*´з`)

 

ともかく

まんざらでもない帽子生活を送っていた

・・・

 

ある日

神様の前で工事の無事を祈る

めでたい行事に参加

 

地鎮祭

はっきり言って

ハリも腰もない わが頭髪

 

ひとたび 帽子を着用すると

その後 人前では

けして 脱ぐことはできない

有様となる

 

なので

神様の前でも

帽子着用のまま 神事に臨んだのだが・・・

 

 

数日後

神主様より

「MASAOKAさん

地鎮祭の時は 帽子ぬかんといかん・・・」

 

年上の婆さんに

悪いな という気持ちと

そのくらいわかるやろ?

あんた 何歳? という ちょっとイラっとした気持ちとの

入り混じった

やや遠慮気味の

ご忠言

 

ごもっとも!

 

早速

美容院に行き

くるくるパーマをかけてきた

 

とりあえず

薄毛はカバーできるようになった

 

ので

一日の 途中で脱着できない

帽子ルックは 中止することとした

 

ので

転倒しても

無防備なむき出し状態(普通)の頭に戻っている

 

杖でもつくか・・・(*´з`)

とほほ


人気ブログランキング

 

 

 

21.02.05.(金) : 地面に這いつくばる

数年前

突然 夫が

おまえ

【口の上(つまり鼻の下)】

なんな そのシワ!!!

 

ズバリ指摘されたことがある

 

意地悪ばあさんとか

おばあちゃん

鼻の下に ひげ三本みたいなシワがある

ずばり

それ

 

いつの間にか

そんなところに

折ジワ のような シワ 

くっきり

 

あれ

って

おばあちゃんの印

 

どんなへたくそが描いた絵でも

あの位置に

3本 シワが入るだけで

おばあちゃんに変身する

 

以来

とても とても

気になり

注意し始めていた

いやあ でも さすが

人生のパートナーだ

その日まで

だれも そんなこと言ってくれなかったし

 

ともかく

それ以来

ことあるごとに

イーーっと口を横に広げて

鼻の下のシワを伸ばすように

努めていた

・・・・・・

 

・・・

この 続くマスク生活

長引くマスク生活に

顔も身体も

すっかり慣れ親しみ?

 

油断の日々が続いていた

らしい

 

確かに

目元しか 見えませんから 今

 

 

先日 仕事の打ち合わせで

ズームの画面に

やけにくっきり映し出された

私の顔

 

いたるところにシワが・・・

しかも 深い( ;∀;)

色は黒いけれど

肌は まあまあだ と自負している

 

かかりつけの歯医者さんが

 

MASAOKAさん

顔で勝負してないでしょう

そんなところで

 

彼は 私を褒めていいるつもり

らしいが

ひとつも うれしくない

 

先日も また そういわれたので

でも

造作では勝負してないけれど

肌はきれいでなければ

言い返したところなのだが・・・

 

ちょっと

脱線したけれど

 

つくりは直せなくても

素肌の美しさは保ちたい

女心(*´з`)

 

ゆるんだ 緊張を

とりもどさねば

ある意味便利なマスク生活

ご用心なされませ

 

やばいぞマスク生活

こちらをぽちりと<(_ _)>


人気ブログランキング

21.01.31.(日) : やばい(ーー;) マスク生活